オオヤ, タケヒロ
大屋, 雄裕(1974-)

著者名典拠詳細を表示

著者の属性 個人
場所 愛知県
一般注記 SRC:法解釈の言語哲学 : クリプキから根元的規約主義へ / 大屋雄裕著(勁草書房, 2006.11)
名古屋大学 大学院法学研究科 准教授(法哲学)(2007.9現在)→同研究科教授 (2014.12現在)→慶應義塾大学法学部教授(2015-)
EDSRC:法哲学 / 瀧川裕英, 宇佐美誠, 大屋雄裕著 (有斐閣, 2014.12)
生没年等 1974
から見よ参照 Oya, takehiro
コード類 典拠ID=A000007497  NCID=DA15642759
1 AIと社会と法 : パラダイムシフトは起きるか? / 宍戸常寿 [ほか] 編著 東京 : 有斐閣 , 2020.8
2 人工知能と人間・社会 / 稲葉振一郎 [ほか] 編 東京 : 勁草書房 , 2020.2
3 裁判の原点 : 社会を動かす法学入門 / 大屋雄裕著 東京 : 河出書房新社 , 2018.1
4 自由か, さもなくば幸福か? : 二一世紀の「あり得べき社会」を問う / 大屋雄裕著 東京 : 筑摩書房 , 2014.3
5 情報とメディアの倫理 / 渡部明 [ほか] 著 京都 : ナカニシヤ出版 , 2008.7
6 自由とは何か : 監視社会と「個人」の消滅 / 大屋雄裕著 東京 : 筑摩書房 , 2007.9